今でも感謝している幼稚園の先生

私はずっと幼稚園に行くことが嫌いでした。多くのエレメンタリースクールの中で神戸でもと人見知りで友達がいなくて、幼稚園にいっても全然楽しくなかったからなんです。でも年長になった時の担任の先生が、すごく母に雰囲気が似ている先生で興味を持ちました。毎朝憂鬱な気持ちで幼稚園に行くのですが、玄関で母に似た先生がギュっとハグしてくれるので、とても安心できるようになったんですよね。それが嬉しくなり、採用できる保育士さんは奈良の大和高田からはだんだん幼稚園へ行くことが楽しくなってきました。母もその先生にとても感謝したと後で話してくれました。1人で教室にいる時に一緒にお絵描きしてくれたり、縄跳びで遊んだり退屈することがなくなりました。本当にその先生は太陽のように明るくて優しくて、私の憧れの先生だったんですよね。なので、大人になってからもその幼稚園の先生の顔ははっきりと思い出すことができますし、口コミでは奈良の保育園をどうしてもこんなになってその時の楽しかった思い出が蘇ってきます。今はどこで何をしているのかなと考えてしまいますね。あの時、あの先生に出会ったおかげで私は幼稚園の頃の記憶がとても幸せな記憶になっています。どうしても神戸ではインターナショナルスクールでも私が幼稚園を卒園したあとも、きっと私みたいな人見知りでおとなしい生徒を、たくさん笑顔にしてくれて幸せにしたんだろうなと思っています。