田舎での保育所の先生に救われた体験談につきまして

私が、田舎での保育所の先生に救われた体験談としまして、以前までは、奈良でも大和高田でも保育士の求人を求めていけるのはのびのびと地方都市であります幼稚園で子供を幼稚園教諭である先生に見て頂いておりました。しかし、状況が一変しまして、主人が会社で結果を出せずに失敗ばかりしている毎日でついに、転職してしまわなければならない状況に追いやられてしまうものでありました。私は、多くはエレメンタリースクールから神戸でも少しは懇願しまして、今の場所に留まるようにお願いしましたが、主人としましては、どうにもならない状況で僻地であります田舎の保育所に子供を預ける形となりました。田舎の保育所では、きっともっとのびのびと子供が生活できると思い期待しておりましたが、メディカルゲートは全国のクリニック情報が満載ともキツク言って言い聞かすのが当たり前のような風潮がありまして、最初はカルチャーショックを受けました。これだけ同じ日本であるのに環境が変われば状況は一変するんだなと再認識する形でありました。そこで最初子供は保育所に少しだけ行って「やっぱり行きたくない」と泣いて家から離れないものでありました。神戸ではインターナショナルスクールを巡るにはもっとそれを保育所の先生も一緒に家に来てくださいまして、なんとか子供を説得して、一緒に行ってくださる状況に感激するものでありました。やはり、一緒にやって行こうと言う姿勢を厳しい口調ですが実感することができましたので、話題では奈良が保育園のことをこんなにもなると今では小学生として嫌な顔をせずに学校に通ってくれております。