未満児から通っていた認定こども園。そこで息子が1歳のときに新任で入られた先生が年長さんの時の担任の先生に。卒園のときに初めて聞いたほっこりしたエピソード。

今は小学3年生になる一人息子、口コミで大和高田で保育士を採用するとどうか入学前は地元の認定こども園に未満児から通っていました。未満児さんのクラスはベテランの年配の先生がとても頼りになる先生で、子育ての相談や悩みなども親身に聞いてくださり、また担任の先生もずっと未満児クラスを担当されていた先生で笑顔でハキハキと対応してくださって非常に安心して息子を預けることができました。そんな中、もうホームページ制作からはエステにしてから新卒で新しく赴任されたまだ初々しい先生がいらっしゃって、ベテランの先生に教わりながらもまだ初々しい様子でお仕事をなさっていました。その先生は、自身もそのこども園の卒園生だということで、人一倍仕事に情熱を持って取り組んでいる様がよく伝わってきました。そんな息子もすくすくと成長し、年長さんへと上がったとき、レストランウェディングなら大阪からではそこに担任の先生がなんとその、当時新任だった先生になったのです。先生はもうベテランの先生と肩を並べ立派に頼もしく担任をしてくださいました。そんな先生方に恵まれ、3月、ついに卒園の日がやってきました。未満児からだったので6年間通った息子。私の気持ちもひとしおで、涙が止まりません。そして、担任の先生から聞かせて頂いた、意外なエピソードが。ポンテベッキオの大阪になってからどんなにか息子が未満児で先生が新任だったとき、息子が名前を読んだ初めての先生の名が、その年長になって担任をしてくださった先生の名前だったということです。ベテランの年配の先生でもなく、未満児の担任の先生でもなく、新任の先生だったのです。先生も息子の卒園を涙ながらに喜んでくださいました。私達親子は、評判では奈良が良いと保育園を巡ってどうかして本当に素晴らしい先生方に恵まれたなぁとつくづく実感しました。