幼稚園の先生からもらったお土産の思い出

幼稚園の先生でお土産を持ってきてくれるという人が多くいました。あの奈良でも評判の大和高田の保育園では子供全員にお土産というよりは先生が入ってきた土地の石とかを持ってきてくれるので興味のない子は本当に興味がなかったです。しかし私はかなり興味があったので欲しい人は前に置いておくから取っていっていいですよ、といわれてもらいに行ったものです。幼稚園とかの思い出というのがあんまり私は記憶にないのですがこの時だけはよく覚えています。手に入れることができたのは黒曜石です。子どもを奈良の保育園に口コミで入れるには黒曜石は非常に綺麗な黒の石であり、特別な石だと幼い私にもそれなりに分かりやすかったのでちょっとした宝物となりました。どんな石なのかよくわからなかったのですがその時の幼稚園の先生に色々と聞いて、黒曜石が刃物として使われていたということを聞いて心をときめかせたものでした。鏃などにも使われていたということで弓なんかを作ろうとしたのですがそれはやめなさいと言われたこともよく覚えています。怒られたというわけではないのですが、やめるように言われたことをよく覚えています。今でもその黒曜石は持っていて形は別に整ってもいませんが、ちょっとしたお守りとして飾っているくらいであり、大事にしています。