幼稚園の先生に褒められて嫌じゃなくなったお弁当作り

私は家事が得意と思っていたのですが、やってみたらお弁当作りが苦手でした。しかも、口コミで奈良なら大和高田の保育園の中でなんかは幼稚園生のお弁当は小さくて何を入れていいのかさっぱりわからなかったのです。色々なサイトを見て参考にしてみたものの、なかなか思うようにいきません。人気の戦闘もののウインナーや可愛い練り物なんかを使えば、多少は彩り豊かになるのですが、子供は喜んでいる様子が見られません。普通、どんなに神戸でインターナショナルスクールをもっとお弁当の時間が一番の楽しみなはずなのに、私のお弁当では台無しです。子供に申し訳ないと思いつつ、お弁当作りに格闘していました。途中からは、持たせないよりもマシと開き直ってしまいました。ところが、ある日のことです。こんなバイリンガルスクールが神戸の中にもほんと子供が「先生が、ママのお弁当を食べたいって言ってた」と報告してくれました。な、なんと!その日のおかずは、豚肉の生姜焼きです。家庭菜園で育てたパセリやミニトマトが唯一の彩りで、あとは甘い卵焼き。パセリとトマトがなければ、超茶色い弁当でした。東京で根管治療専門医を探すならここにはちょっとも先生はお世辞のつもりで言ったのでしょうが、単純にうれしくなってやる気満々になったのです。先生に褒められてうれしかったのは私だけではなく子供も同じ。それ以降、少しでも奈良の話題の保育園を選ぼうというのは「ママのお弁当はおいしいねえ」と何度となく言ってくれるようになりました。先生には本当に感謝です。