幼稚園でお迎えを待っている間に

私が幼稚園に通っていた時、奈良でも評判の大和高田の保育園ではここにも親の迎えがいつも遅く最後にひとり残されることが多かったです。段々と友達が帰って行ってしまい、心細くなっていきます。そんな姿を見て、担任の先生がいつも相手をしてくださいました。話し相手はもちろん、わざとお手伝いを頼んでくれたり。おやつの時間に使用したお皿やコップを一緒に洗ったり、掃除をしたり、先生がひとりで作業をした方が早く終わるのは明らかですが、気にかけてくれることが嬉しかったです。全国のおすすめ歯科医院のことはここにしても人見知りが激しくいつもモジモジしていた自分にとって、先生を独り占めできる時間も嬉しかったのだと思います。一対一なので何となく恥ずかしい気持ちもありましたが、先生と打ち解けていき、冗談を言い合ったりふざけたり、楽しい時間でした。いよいよ卒園することになり、とてもさみしい気持ちになったのを覚えています。恥ずかしながら卒園式でお漏らしをしてしまい、園から下着を借りて着替えました。卒園後、借りた下着を返しに行った時、その先生とお話ができたらと思ったのですが、用事があったようで叶いませんでした。そのまま帰宅後、先生がわざわざ電話をかけてきてくれました。自分で会いに行ったくせに、電話で会話に出るのが恥ずかしくてモジモジしながら会話をしたのを覚えています。評判の奈良でも保育園はどこにもかなりなっていつも先生が気遣ってくださったので、楽しい幼稚園生活を送ることができました。