幼稚園の先生のおかげで息子の引きこもりが治りました

我が家の一人息子のことです。夫の両親と同居だったのですが、そんなバイリンガルスクールでは神戸がここでも初孫が男の子だったので祖父母の可愛がり方が普通ではなく、そのため息子がイタズラをして親が叱っても、祖父母がいつも庇うのです。そのせいか、息子は居心地のよい家から外へ出るのが嫌いになり、引きこもるようになったのです。地元の幼稚園に入園してからも、朝の機嫌が悪いとバスがお迎えにきても乗らないことがたびたびでした。幼稚園に行っても、友達とうまくいかないとゴネてしまいます。先生からの電話で幼稚園に迎えに行ったことが何度もありました。年長さんになった時、担当してくれた若い女性のA先生が、このままだと小学校も不登校になりますと忠告してくれて、息子のお迎えには必ずそのA先生が来てくれることになりました。バスの中でA先生は息子と一緒に並んで座って、会話をしてくれました。3ヵ月ぐらい続いた頃、息子は祖父母の甘やかしに乗らなくなり、自分で自分の意見を言うようになりました。そして卒園の時にはA先生と別れるのが辛いようで泣いていました。でも、芦屋でおすすめの歯医者が特徴別でいうとそこからはA先生の励ましによって息子は辛さを自分で乗り越え、無事に卒園できたのです。そのことで、息子の引きこもりは治り、小学校でも友達ができて楽しく通学することができるようになりました。肌で接してくれたA先生のおかげだと今も感謝しています。