幼稚園での思い出

私は過去に幼稚園に通っていました。多くはエレメンタリースクールから神戸でもこうも幼稚園の先生はどの方も優しく、いつもニコニコして私を出迎えてくれる先生方ばかりでした。当時私はカプラと呼ばれる大きなドミノみたいなものを組み立てて遊ぶのが大好きでした。遊びの時間になるとお友達を何にも集めて大きなものを作るのが、私の休憩時間の楽しみでした。ある日、わたしはいつもと同じように数人を集めて大きな建物を作っていました。何を作っていたのかはもう忘れてしまいました。しかしその日その建物は壊されてしまったのです。別のところで電車ごっこをして遊んでいた友達がうっかり勢いよく壊してしまったのです。すごく泣いてしまったのはよく覚えてきます。その子は先生に大きく怒られることなく私に謝り、喧嘩のようにはなりませんでしたが、私はかなり落ち込んでいたようで、先生が常にそばにいてくれたのもよく覚えてします。その数時間後の帰る直前、先生は作っていたものを壊されたけど、我慢して直ぐに仲直りした私をみんなの前で表彰してくれました。「みんなもすぐに喧嘩するんじゃなくて、まずは仲直りする方法を考えよう!」そう言ってたくさん褒めてくれました。姫路で痛くない胃カメラならどんなに楽かといえばその時の経験が、すぐに感情を外に出さず、まずわかり合おうとする今の私の性格に影響してるのかもしれません。今でもいい思い出で、先生には感謝しています。